いっぱいの笑顔に出会いたい in​ 片男波 夏
概要

 2020年のコロナウイルス感染症が蔓延する中、子どもたちのステイホームや学校時間短縮、夏休みの短縮など今まで経験のない生活となっています。

 そのような中でも楽しみやワクワクを子どもたちに味わってもらいたいと思い、和歌山県下の児童養護施設の子どもたちと夏のひと時を一緒に過ごす計画を立てました。

 いくつかのアクティビティを用意し『いっぱいの笑顔』に出会うことの出来る内容です。

1/2
1/1
​活動内容

​ 子どもたちの大好きな海での活動で、海水浴・すいか割り・宝探し・火おこし体験等のアクティビティとなっています。

 

 安全面では、看護師や救命活動の資格の持った方も参加で、子どもに対して万全の対策となっています。

​ またコロナ対策としてもスタッフの自己管理はもとより、参加者すべての検温や手洗い、消毒、三蜜を避けた行動を徹底することになっています。

​子どもの居場所づくり活動は、下記の助成金を受けて活動しています。

miraibanner2019.jpg
image-01.jpg