かかしづくり体験

かかしは、田んぼや畑の中に設置して、作物を荒らす鳥などの害獣を追い払うために、竹やわらなどで作った人形やそれに類する仕掛けです。

地域によって「おどし」「そうず」など様々な呼び方があります。

田畑にかかしを置くことによって害獣は、人間がいると判断するため、農作物を荒らしません。

また、自然の風景にも溶け込んでいますよね。

6月に田植えをした田んぼをカラスなどから守るためにかかしづくり体験を行います。

かかしづくりを通して人間と自然の繋がりや農作物を育てることの大切さ、創作や工夫など、新しいものを創り出すイマジネーションを育てる機会であると思い企画しました。

​概要

日程 2021年8月予定

場所 和歌山市赤津農園及び市内児童養護施設

​参加者 児童養護施設の児童 当団体スタッフ

40728_s.jpg